読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末のサーキット走行とGPSラップタイマー

隔週でサーキットに行って、スポーツ走行を愉しんでいます。

 

ライセンスの関係で、走りに行くサーキットは、袖ヶ浦フォレストレースウェイ富士スピードウェイです。

 

サーキットで走行するには、運転免許証だけではだめで、サーキットでライセンス講習を受けて、そのサーキット専用のライセンスを取得する必要があります。

 

そのライセンスは年会費を払う必要があるのと、各走行毎に走行券を購入して、あらかじめ決まった走行枠で走ります。

 

走行時間は、だいたい、20分か30分くらいが多くのサーキットで設定されている長さだと思います。

 

はじめてサーキットに行った時は、20分だけ?なんて思ったのですが、実際に走ってみると、20分を全力で走るのは、精神的にも体力的にもきついことが直ぐわかりました。

 

誰でもスピードを出してくるとアドレナリンが出てきるので、時には冷静さを失ってしまいます。

 

そこで、最近入手したのは、GPSを使ってラップタイムと走行データを取得(あとで、走行分析をPC上でする)できる、GPSのラップタイマーです。

ここのサイトを参考にしました。

 

GPSの受信時間も早く、袖ヶ浦でも富士でも、問題なく使えます。